このページの先頭です

日々のお知らせ

11.21. Fri 20:52

イチョウの木のまな板

こんにちは。
今日は、イチョウのまな板をお寿司屋さんに納品しました。
福岡市にあるお寿司やさんで、わたしも小さい頃からお世話になっているお寿司屋さんです。

工房でイチョウの木をあつかっていると木の良い香りがぷーんと。
なんというか、かぐわしいとはこのことかというような香りでたまりませんでした。
できあがったまな板をみて、わたしの頭のなかにおいしいお寿司がつくられていく様子がうかんでしまうほど。
木目の美しさもさることながら香りもすばらしい。
天は二物を与えるんだな、と思いました。

写真手前の白木の一枚板の大きなまな板です。
image1

まな板 イチョウ 3300×430×70

このまな板の上で、たくさんの「おいしい」がつくられ、笑顔が咲くことを想像してわたしも思わず笑顔になってしまいます。                                                                    スタッフ 明田歩希子

11.18. Tue 14:59

木のお皿 つづき

こんにちは。

メープルのお皿のお話のつづきです。
まえの記事に載せたのは、まだあまりつかっていないものなので
いわゆる、アジこそでていませんが上品な印象です。
そして、日々つかっていくうちに「深み」がでてきます。
2つを比べてみるとこうなります。(手前が新しいもの。奥が使いこんだもの。)

DSC_2668

お皿 メープル 径270×40 27,000 +tax

木のお皿はかわっていきます。つかっている人の生活、暮らしぶりもお皿にうつっていくようです。
そんなことを考えてお皿を選ぶのも、また面白いかもしれません。

スタッフ 明田歩希子

11.11. Tue 12:02

木のお皿

きのう、山口がパンを焼きました。シンプルイズベストなパン。
やはり焼きたてが一番おいしいのですが
食べるときに半分にきってあたためなおすとおいしいです。

わたしたちはこのパンを「ハイジの白パン」と呼んでいます。

DSC_2326

お皿はメープルのお皿で。
こちらもメープルのお皿。

DSC_2498

木のお皿というと油っこいものは、、、と懸念される方がいらっしゃいますが
むしろ木が油をすってお手入れいらずになったりします。
だから山口家ではオイルを塗ったりといったお手入れはほとんどしていません。
このようにハンバーグもスパゲッティものせちゃいます。

みなさんも木のお皿にのせるおいしいもののレパートリーを増やされてはいかがでしょうか。

スタッフ 明田歩希子

11.01. Sat 11:32

スプーン

こんにちは。

うきはは雨がしとしと降っています。
目のまえにひろがる柿も色づき、庭の葉も落ちはじめました。
先日から保育園のみんなが庭におちているドングリを拾いにきていて、
にぎやかな日がつづきました。
子どもたちのきゃっきゃいう声はほほ笑ましくて好きです。
ソフトバンクホークスが優勝したときはわたしもきゃっきゃ言っていましたが
我が家には1人阪神ファンがいるのでほほ笑ましい光景、とはなりませんでした。

つい先日夏がきたと思っていたのにもう11月。
この頃、とくに月日が経つのがはやく感じます。
野球シーズンが終わったところで次は展示会です。
いよいよ来週からです。

梱包もおわり、だいぶ工房も落ち着いてきました。

最近山口は写真を撮るのにはまっているらしく、これブログにあげてと
お願いされることもしばしば。と、いうことでその写真を。

カシの木のスプーンの塗装前です。
朝日がきれいにスプーンを照らしてくれています。
写真

スプーン カシ 3,700 +tax

このスプーンもSTENPORTさんに連れて行きます。

スタッフ 明田歩希子

遊びに来てください

僕がはじめるちいさな木工所
山口和宏

訪問のご予約
Tel. 0943-76-4302

地図プリント